新郎の衣装となる

華やかな結婚式にピッタリな婚礼衣装がタキシードとウェディングドレスです。衣装選びの際には、さまざまなポイントを押さえることが重要になってきますので、学んでいきましょう。

一般的な婚礼衣装を比較!

和装

男性は紋付き袴、女性は白無垢や色打掛などの着物を着用します。さらに女性は角隠しや綿帽子などを頭に被ります。

洋装

新郎はタキシードやモーニングコートを着て、新婦はウェディングドレスを着用することになります。お色直しでカラードレスを着ることも人気です。

結婚式で着用するタキシードを選ぶコツを押さえよう

結婚式

正装で臨もう

結婚式は大きなライフイベントです。格式ある会場で挙式や披露宴を行なうことも多いです。そうした場合は、きちんとした正装で臨まなくてはいけません。例えばモーニングコートは、昼間の結婚式での正装となります。タキシードは、夕方以降の結婚式にふさわしい服装です。

センスアップのために

また、婚礼衣装を選ぶときには季節感や会場の雰囲気も大切にしたいポイントです。夏場にレストランを貸し切ったパーティーやハウスウェディングを予定しているならカジュアルで通気性の良い素材のタキシードがマッチするでしょう。色はブルーや薄めのグレーなど、軽めのカラーがおすすめです。さらに、新婦のドレスと一緒にコーディネートしていくのが大切です。

予算で選ぶ

衣装は購入かレンタルかで費用が異なります。予算を抑えたい場合は、レンタルがお得です。しかし、オーダーすれば自分の身体にフィットしたアイテムが手に入りますので、より洗練された印象を与えることが可能です。そのため、神戸ではオーダーする新郎が目立ちます。スタイリッシュに決まりますので、ムーディーで品格ある会場によく映えるはずです。

和婚の場合は?

最近は鶴岡八幡宮などの神社で挙式することがブームとなっています。和婚であれば、やはり着物がマッチします。しかし動きにくいといった問題もありますので、披露宴は洋装が選ばれる傾向があります。そこで挙式は和風、披露宴は洋風というケースが増えているようです。両方の衣装を楽しめるという魅力は大きいといえます。

鶴岡八幡宮で結婚式を挙げよう

婚礼衣装Q&A

タキシードのレンタル費用の目安は?

業者によっても変わってきますが、一般的なところで約10万円前後が目安です。一式フルセットの価格になります。

購入の方が高くなりますか?

今までは婚礼衣装購入は高額になることが多かったですが、最近はオーダーメイドでも割安な業者が登場しています。リサイクルで格安購入できる場合もあります。

広告募集中